さし絵ライター養成講座|さし絵ライターで在宅ワーク

さし絵ライターの養成講座から在宅ワークへ

さし絵ライターの養成講座を受けて、さし絵ライターの資格を取得して、在宅ワークとして収入を得るとうい流れがあります。

さし絵ライターは、本や雑誌に必ずといっていいほど掲載されている「絵」、いわゆる『カット画』と呼ばれる「さし絵」を描くライターのお仕事です。

近年では、パソコンのCGでさし絵を描くことが出来るようになり、いろいろ利便性も出てきています。しかし、パソコンを使いこなしてさし絵を描かけるようになるまでには、パソコンの技能まで習得しなければならなくなってしまいす。

さし絵ライターはパソコンが使えないとダメなのか?
決してそんなことはありません!

さし絵ライターになるためには、パソコンの使い方を覚える前にもっとやらなければならないことがあります。

それが、「描画の表現テクニック」だったり、「カラーのニュアンスと表現力」だったり、「さし絵ライターのプロの発想・表現力」だったりします。

さし絵ライターの求人

さし絵ライター通信講座で在宅ワーク さてそれでは、さし絵ライターを求める企業はどんな企業があるでしょうか?あらゆるジャンルを扱い、あらゆるテーマを持っている業界といえば、「出版業界」になりますね。

この「本の出版」と「さし絵」は切手も切り離せないパートナーになっています。同時に、出版社と絵を描くライターも大切なパートナーとなります。

さらに、本や雑誌の出版数も数年前に比べて大変多くなってきました。その拍車をかけているのが、ネットのブログです。

今は、子育て中の主婦が「子育て奮闘紀」として毎日更新していたブログがきっかけで本を出版てしまう時代です。
さらに、その本の出版で「さし絵ライター」もブログつながりで依頼されることもあるそうです。

さし絵ライターの報酬

さし絵ライター通信講座で在宅ワーク 気になるさし絵ライターの報酬はどのくらい儲かるのでしょうか?
一般的な相場としては、5〜10cm四方のさし絵で1点につき2000〜3000円といったところになります。

もちろん、最終的にはライターの腕次第だったり、他のライターに無い個性的なさし絵が描ければ依頼される単価も上がっていくことは言うまでもありません。

しかし、大切なことは、絵を描くことが好きで、自分の描く絵を通して、いろんな人に喜んでもらうことに喜びを感じることが出来るかどうかとなります。

おそらく、収入を得るためだけが目的のライターは、仕事の単価をあげることは出来ないと思います。

一方、依頼主の喜ぶ顔を思い描けるさし絵ライターは、満足できる収入につながっていきます。
このことは、さし絵ライターの養成講座で資格を取得して在宅ワークとして収入を得たいと思っているあなたにも必要な心構えになってきますね。

さし絵ライターの養成講座

さし絵ライター通信講座で在宅ワーク ここで紹介している「さし絵ライターの養成講座」は、まったくの初心者からでも基礎からしっかり技能を身につけられるようになっています。

さらに、さし絵ライターになるために必要な用具も完全セットされていますので、すぐにさし絵制作が始められます。

また、さし絵ライターの資格を取得した後の「仕事に結びつけるための」知識やノウハウも、「在宅ワークの手引き」として養成講座の修了生全員にプレゼントされます。

そして、この「さし絵ライター養成講座」は、(社)日本通信教育振興協会の認定する「生涯学習奨励講座」であり、(社)全国産業人能力開発団体連合会の認定する「優良講座」でもあり、今までにも大変多くのさし絵ライターを輩出しています。

まずは、どんな養成講座になっているか資料を取り寄せるところから始めてみましょう。もちろん、無料で資料請求できます。

さし絵ライター養成講座の「無料資料請求」の詳細はコチラ>>